お墓

お墓を移転したいので、手続きをおしえてください

一度、お墓に納めた遺骨を別のお墓に移すことを「改葬」といい、手続きが必要です。

先祖代々のお墓が遠方にあって管理できないため、近くの霊園に移したいときなど、どのような手続きが必要でしょうか。

手続きとしては、現在のお墓がある市町村から改葬許可を受けることが必要となります。

改葬許可の申請をするためには、以下の証明や承諾が必要です。

  • 現在のお墓の管理者(お寺や霊園、納骨堂など)から「埋葬(または納骨)をしてあることの証明」
  • 改葬先からの受入証明
  • 墓地使用者の承諾(お墓を所有しているのが本人である場合には不要です)

お墓の移転は感情が絡みやすく、手続きだけで簡単に済ませるというわけにはいかないかもしれません。

手続き上は、墓地使用者の承諾が得られれば問題はないのですが、あとあとでトラブルになるケースも考えられます。

墓地使用者以外でも関係する親類などがいれば、まずは移転の必要性を説明し同意を得るところから始めることをオススメします。

その上で、市町村の窓口で申請書類を確認して、現在のお墓の管理者と相談されてはいかがでしょうか。

お墓全部ではなくて一部の移転の場合、分骨の場合も同じ許可申請が必要です。

遺言で祭祀主宰者に指定されました。何か手続きは必要ですか

お墓の管理者(お寺や霊園など)に届け出ましょう。

系譜・祭具・墳墓など祖先の祭祀に必要なものについては、一般の相続財産から切り離して祭祀主宰者に単独で相続されます。

※系譜とは、家系図などのこと。祭具とは、位牌、仏壇、神棚などのこと。墳墓とは墓石などのことを指します。

祭祀主宰者については、遺言で指定してもよいことになっています。

祭祀主宰者になるにあたって、特別な手続きは必要ありません。
ただ、今後お墓を引き継いでいくわけですので、そのことをお墓の管理者であるお寺や霊園に報告しておきましょう。

遺言で祭祀主宰者を指定したいのですが、だれを指定してもよいのでしょうか

祭祀主宰者の指定には制限はありません

祭祀主宰者とは、系譜・祭具・墳墓などを承継する者のことですが、遺言により指定をすることができます。

祭祀主宰者となるべき資格は特にありません。

婚姻により氏が変わっていたとしても、親族関係がなくても祭祀主宰者に指定することができます。

亡くなった妻の墓を自宅の敷地に建てたいのですが・・・

現実的に難しいでしょう

お墓(墳墓)のあるところを法律上「墓地」といいますが(墓地、埋葬等に関する法律)、墓地をつくるためには、都道府県知事の許可が必要です。

都道府県知事の許可が必要とされているのは、国民の宗教的感情に適合しているか、公衆衛生その他公共の福祉のためになっているかなどをチェックすることが目的であると考えられます

さて、個人の敷地に墓地をつくることについてですが、都道府県知事の許可はまずおりないと考えたほうが良さそうです。許可申請の方法や基準は、都道府県ごとに条例で定められています。

したがって、残念ですが、奥様のお墓を庭に建てることは、困難でしょう。

遺骨を埋葬しない形、たとえば慰霊碑のようなものでしたら許可は不要ですので、こちらを検討されてはいがかでしょうか。

私にできること!!

お墓の手続きは、基本的に難しいものではありません。

しかし、専門的なアドバイスを求めたい、時間的に手続きをしている余裕がないときなどはご相談ください。

願いを叶えられるよう、誠実に対応いたします。