暮らしを守る

暮らしの中で起こりうる、ちょっとしたトラブルに

困ったことが起こってしまった。

相手との話し合いもうまくいかなかった。

オオゴトにはしたくないけれど、泣き寝入りもしたくない。

相手との話し合いもうまくいかなかった。

そんなときには内容証明郵便を使って、書面で相手に意思表示をしてみましょう。

普通に生活していても、何かのトラブルに巻き込まれることはよくあります。

まずは当事者間でよく話し合います。

しかし、話し合ってもお互いに納得できないとき、話し合いそのものができないときは、どうすればいいでしょう。

裁判に訴える? それなら、多額の費用がかかります。 時間もかかります。 何より、精神的にも辛い思いをします。 それに見合うだけの実があれば良いのですが、よほどのことでなければ、そこまでする実益はないかと思います。

話し合いでは解決できず、かといって訴えるほどでもないようなトラブルは、書面による意思表示をしてみるというもの1つの手です。 ただの書面ではなく「内容証明郵便」というものを使います。 当事務所では、そのような書面づくりのお手伝いができます。

内容証明郵便とは

いつ、どんな内容の文書を、だれに宛てて差し出したかを、「郵便局」が証明してくれます

内容証明郵便は、

  • いつ差し出されたのか
  • だれに宛てて差し出されたのか
  • どんな内容の文書だったか
  • を郵便局が証明してくれます。

    「言った言わない」、「届いた届いてない」などの水掛け論になることを防いでくれます。

    また、文書で届くので、相手に心理的な圧迫を与えることができます。
    しかし、これが効果的なこともありますが、かえって関係をこじれさせてしまうこともありえますので、使い時には注意が必要です。

    ちなみに、書留や特定記録郵便などは聞いたことがあると思いますが、これとはちょっと違います。
    書留や特定記録郵便では、郵便局が引き受けたことや配達されたことが記録されるだけで、内容までは証明されません。

たとえば、こんなケースを想定しています

    • 貸したお金を返してもらえない
    • 相続は放棄したのに、故人の借金の返済を要求される
    • 訪問販売で不要なものを買わされてしまった。
    • 商品を買うよう何時間も執拗に迫られ、断りきれずに買ってしまった。
    • 商品を買ったら欠陥品だった。契約を解除したい。
    • 高校生の子どもが勝手に高額な商品を買ってしまった。
    • 勝手に高額な商品が送られてきて、代金を請求されてしまった。
    • 商品を買ったしたのに、送られてこないので催促したい。
    • 借りているアパートの雨漏りがひどく、仕方がないので自分で直したけれど、せめてかかった費用は支払ってほしい。
    • 借りていたアパートを退去したけれど、敷金が返還されない。原状回復にそんなに費用がかかったとは思えない。
    • 近所の家の騒音がひどい。再三申し入れているのに改善されない。
    • 婚約して結納まで済ませたが、相手が浮気をしていたことが分かり、婚約を破棄した。納めた結納金を返してもらいたい。
    • 夫が浮気を続けている。浮気をやめさせるため、浮気相手に慰謝料を請求したい。
    • 交際中の男性との間に子どもが生まれた。妊娠していると分かった途端に離れていってしまったが、せめて認知はしてもらいたい。
    • 離婚した夫から養育費が支払われない。
    • 採用内定通知をいただいた会社から内定を取り消されてしまった。
    • 会社の上司からセクハラ、パワハラを受けた。会社のしかるべきセクションに訴えても改善されない。